購入から半年が経過したS15シルビア【出会い編】

こんばんは。

本日は私の愛車、S15シルビアについて紹介をしていきます。

 

 

なぜわざわざ車を購入するのか?

まずなぜシルビアを購入したのかについてですが、

元々、漠然とスポーツカーを買おうと思い立ってからのスタートだったので

何も考えていませんでした。笑

車は小さい頃から好きで、主に父親の影響が大きいですね。

 

F1を見始めたのから始まり、ゲームのグランツーリスモをプレイしたり

実家にあった頭文字Dとカペタを読んだりと、実際に乗ったりはしていないものの

車種はある程度わかる状態でした。

これらのことについてはまた別記事で触れたいと思います。

 

この頃の私は維持費について

本当に無知で、ましてや購入の手続きに関しても

まったく知らない状態でした。笑 

とまあそんな感じで、現行の86とBRZは状態が良いだろうという判断で

中古車屋さんへ行くことになります。。

 

 

86&BRZ専門店(中古)

 

 

到着しますとピカピカな86とBRZ、35GTR(買えない)等置いてあったわけですが、

中古車屋さんなのでどれも軽くチューニングや社外パーツがついていたりしたんですね。

 

それも見た私は、社外パーツをほとんど知らない訳ですので

なんだこの原型から大きく離れた86は!!

と思ったわけです。(新車で探せよ!!ってツッコミは無しでw) 

 

なんとなーくテンション低くなっていきながら

場内を軽くうちょろしていた私の前に突如薄っぺらい車が現れるわけです。

 

それが今愛車となっているシルビアになります。

 

 

購入に至るまで~シルビア対面を経て~

 

 ぱっと見でなんの車か分からなかったのですが、

リアに”Silvia"と書いてあったので、そこで初めて理解します。

これがシルビアか!! っと思った私は店員さんを呼び色々聞いてみました。

 

当時のシルビアについてのイメージは

"すぐ壊れる" の一点だけでした。 勝手なイメージですけどねw

先輩がボロビアといじっていた記憶しか無かったもので。。

 

置いてあったシルビアなんですが

下取りで出された車らしく、1オーナーで8万キロ

フルノーマルという状態でした。

 

フルノーマルという事もあり、

車高は高く、ホイールも小さい訳ですから見た目は

そこまでピンときていなかったんですが、

なぜか心惹かれるものがありました。

 

場内に86とBRZがあふれる中、

1台だけポツンとあったシルビアに

ちょこっと運命を感じた私はすぐに購入を決意します。

f:id:sato-s15:20190210201306j:plain

 

 

次回へ続く

 

 

 

www.everydaysilvia.com