クルマと旅行と建築が好きなブログ

Everyday Silvia

時事ネタ 車関連

現行新車で買える魅力溢れるスポーツカー3選【令和元年】

投稿日:

5月1日より令和の新時代が始まり、

スポーツカー業界も新しく新型スープラ発売となりました。

 

86やシビック、スープラ発売に伴い

人気が再燃しているスポーツカー業界。

 

今回は現行、新車で買える

魅力溢れるスポーツカーを厳選して紹介していきます。

 

86

https://toyota.jp/86/

 

 

(スポンサーリンク)

 

 

1.人気復活のキッカケとなったTOYOTA86&スバルBRZ

86

https://toyota.jp/86/

バブル崩壊、排気ガス規制などで

瞬く間に人気の落ちたスポーツカー。

 

長く寒い時期を越えて復活を遂げたのが

TOYOTA86&スバルBRZでした。

 

永らく頭文字Dの影響でAE86が

中古車市場で人気が凄まじいものとなっており、

86の名が復活すると聞いたファンは歓喜の渦に包まれました。

 

コンセプトは”ライトウェイトスポーツ”

車も運転手も長いスパンで成長していけるような車として復活し、

見事スポーツカー人気復活の立役者となっています。

 

低価格・低重心・軽量化が施されたこの86BRZは

若者にも手が出しやすい上、見た目のかっこよさもあいまり

今では人気車種となりました。

 

以下グレード参考価格

・GT“Limited” 325万円

・GT    298万円

・G     262万円

・GR    498万円

・GRSPORT   396万円

 

2.古くからの名車フェアレディZ

フェアレディZ

https://gqjapan.jp/car/review/20180829/nissan-fairlady-z

古くは1969年からの長い歴史を持つフェアレディZ。

現在のZ34型となってからも10年のロングセールを果たしている名車になります。

 

コンセプトはスーパースポーツカー。

Z32型から進化に進化を重ねフルモデルチェンジを繰り返し

今の形へとつながります。

 

典型的なロングノーズ・ショートデッキから

336PSを繰り出す3.7LのVVELエンジンを搭載。

FRクーペながら大排気量、高出力で走りの気持ちよさを追及しています。

 

実際に走ってみると

軽量化されながらもボディ剛性のあるきびきびとした動きで

NAながらもトルクのある走りの楽しさを魅せてくれます。

 

以下グレード参考価格

・フェアレディZ [6MT]      390万円

・フェアレディZ Version S     476万円

・フェアレディZ Version ST [6MT] 510万円

 

 

3.往年のFF車復活 HONDAシビック

シビックタイプR

https://bestcarweb.jp/news/newcar/1730

こちらも古くから日本のFF車界を賑わせていた名車のひとつ。

タイプRの異名やVTECエンジンの虜になったファンは数知れず。

 

そんなシビックが2017年夏より復活を遂げています。

名称はFC/FK。今回で10代目となっています。

ラインアップは「ハッチバック」、「セダン」、「タイプR」

それぞれ違った特色があり、

 

「ハッチバック」はCVTと6速MTの2種類を、排気流量を増加させるためにセンターエキゾーストシステムを採用し、ハイオク仕様とすることで高出力・高トルクに設定。

 

「セダン」はCVTのみの設定、レギュラーガソリン仕様。

 

言わずと知れた

「タイプR」は6速MTのみの設定となっており、

高出力・高レスポンス2.0L VTEC TURBOエンジン搭載。

低回転からピークまで胸のすく吹け上がりが続くよう研究されており

最高出力235kW[320PS]、
最大トルク400N・m[40.8kgf・m]を発揮します。

 

先代のシビックとの思い出が深い

往年のファンからは疑問がでている今回の新型シビックであるが

 

現行の排ガス規制やエコカーの推進。

車体価格の高騰を踏まえて考えてみると、HONDAの頑張りが

垣間見える一台となっています。

 

なにせハッチバックタイプに関しては

車内がとても広く、走りと快適性が絶妙にマッチした

クルマとなっています。

 

以下グレード参考価格

・セダン    265万円

・ハッチバック 280万円

・タイプR   450万円

 

4.まとめ

令和元年、新車で買えるスポーツカーを厳選してみました。

他にも紹介したいクルマはまだまだありますが絞らせてもらいました。

 

現在、新型スープラが発売され

次はどのクルマが復活するのかな?と

楽しみにもしています。

 

個人的にはS16シルビアを待望しているのですが

なかなか難しそうですね…。

 

以上、読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事

 

 

www.everydaysilvia.com

www.everydaysilvia.com

 

(スポンサーリンク) 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-時事ネタ, 車関連

Copyright© Everyday Silvia , 2019 All Rights Reserved.