スポンサーリンク




LIFE-生活 WORK-仕事 適応障害

給与16万円ダウン。残業代は生活費では無い【病気から学ぶ】

更新日:

こんばんは。

先月から貧乏生活を始めたさとうです。

いきなりですが私は建築現場で現場監督をしていました。

激務ではありますが、残業代や休日出勤手当で

普通では貰えないような給料を貰っていました。

しかし病気に罹り、部署を異動し現在に至ります。

残業代が無くなった今の現状と、

学んだ事について紹介しようと思います。

f:id:sato-s15:20190326225809j:plain

 

病気に罹る前の生活

現場監督時代

まず、現場監督をしていた時というのは、

残業代と休日出勤手当含めて、月収30万後半。手取りにして30万前後。

もともと休みが少ない職種ですので、

たまの休みにはパッと散財するような生活を送り、

贅沢の極みを満喫していました。

その当時の彼女と結婚するつもりでいましたので、

結婚資金だけは貯めていた状態。他の貯金は一切せずに使い切っていました。

月々の支払い

固定で月々支払う出費をまとめてみると

・家賃(会社寮)    2万円

・資格学校のローン   2万円

・車のローン      3万円

・駐車場代       2万円

・携帯・ネット代    1万円 

・光熱費        2万円    合計12万円

だいたいこれぐらの出費が毎月あります。

他にも、自分の生命保険であったり車の任意保険等ありますが年払いなので

今回は割愛。

生活には余裕があった

手取りで30万だとして20万は手元に残るわけですから

5万円貯金したとしても、

食費・ガソリン代・交通費・遊びと15万円は使えるお金がありました。

ぶっちゃけ余裕で遊べます。生活費で困るなんて想像したことも無かった。

適応障害と診断。現場から内勤へ

去年、あまりの激務に私の体は悲鳴をあげました。

激務もあるけど人間関係もあるかな

お腹は空くけど

食べ始めると吐き気がして食べることができない。

そんな日々が続き、さすがにやばいと思って病院へ

そして適応障害と診断され現場から離れることとなりました。

現場を離れて本社での業務へ異動となった私の生活は一変。

今まで当たり前のように深夜まで残業、休日出勤を繰り返していた

仕事内容から

定時で帰り土日祝休み。まさに天国でした。

しかし私は気づいてしまったのです。

いかに残業代と休日出勤手当てに頼った生活を送っていたのかと。

給与16万円ダウン

タイトルにもある通り、

異動してからの給与は月給で16万円ダウンしました。

内訳は

・残業代     10万円(平均)

・休日出勤手当て 4万円 (平均)  

・危険手当    2万円 (現場勤務への手当)  計16万円

これが無くなったことにより、

今までどんだけ依存した生活を送っていたか

感じることができました。

なんせ手元にお金が残らない。

支払いが済んだら手元には数万円。

そこから食費・ガソリン代・交通費と出してしまったら

遊びに使えるお金など存在しなかったのです。

実際、今までしてこなかった自炊なども初め

節約生活を余儀無くされています。

時間がたくさんできたので節約料理は楽しんでいますが。笑

基本給で生活できるレベルに抑えておく

今回私が学んだことは、

基本給で生活できるように生活レベルを抑えておくこと。

私のように急に病気になって残業代が0になる事も

あっておかしくない話です。実際になっていますし。

ただ、使うなと言いたい訳ではありません。

使うな。ではなく、生活費に組み込むな。

ということが重要なんです。

毎月そのお金が給料として振り込まれることを前提に生活をしていたら、

いざ無くなった時に毎月の出費とのバランスがおかしくなります。

生活残業という言葉を知っていますか?

これは生活費が足りない為に、わざと残業をして残業代を稼ぐことを指します。

生活費が足りないなら別で収入を得れば良いのです。

別で収入を得るのが難しいなら、

さらに給料が高い会社へ転職を試みるのも良いと思います。

行動しなければ何も始まりません。

まとめ

病気で部署異動し

残業代は生活費では無いことを身を以って体験することができました。

サラリーマンは基本給が保障されている給料であって

残業代や休日出勤手当などは自分でコントロールできないということ。

これらを若い間で気付けたことはとても幸運でした。

結婚し、子供が生まれてからでは自分一人の問題では無く

家族の生活にも影響しますからね。

もし基本給で生活できない場合は

副業や転職をすればいいんです。

新しいことに挑戦していき、

お互いに立ち止まらない人生を歩みましょう。

以上、読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-LIFE-生活, WORK-仕事, 適応障害

Copyright© Everyday Silvia , 2019 All Rights Reserved.