スポンサーリンク




CAR-車 YouTube クルマ紹介・解説

ランボルギーニウルスを駆る”門りょう氏”がカッコ可愛い!?

大きなクルマを颯爽と運転する女性は素敵ですね。

対して私は5ナンバーのシルビア乗りです。

さとうです。(@EverydaySilvia)

 

ずいぶん前の話ですが

門りょう氏が愛車のウルスを紹介する動画

YouTubeに投稿されていましたね。

 

 

自分で運転もするみたいですが

なんだか危なっかしいのは気のせいではないはず。

 

しかしこんな

目立つクルマに美人の門りょう氏が乗っていると

かなり画になります。綺麗な人って素晴らしい。

 

それではランボルギーニウルスと

門りょう氏について紹介していきましょう。

 

 

門りょう氏とはどんな人?

伝説の2億キャバ嬢時代の門りょう氏

 

今でこそキャバ嬢はやっていませんが

昔はバリバリのキャバ嬢だったようです。

 

伝説のキャバ嬢・門りょう 引退前に聞いた48の質問!!

こちらのサイトで48の質問に答えてらっしゃいますが

かなりぶっ飛んでいますね。笑

 

バースデー月以外の月収でも3000万円弱

稼いでたいたとは驚きです。

 

年収に換算しても2億以上

そこらの零細企業の売り上げくらいあります。

 

YouTuberの門りょう氏

 

そしてキャバ嬢を引退し

約2年の月日が流れ、YouTubeを始めた門りょう氏。

 

喋りは上手いはずなのに

動画に慣れてないせいか初回は

たどたどしい感じになっています。笑

 

実際、私が門りょう氏を知ったのは

冒頭で紹介したウルスの動画だったのですが

飾らない喋り方がかなり心地良いです。

 

THE・関西人て感じですね。

 

 

門りょう氏のランボルギーニウルスとは?

SUVながらスーパーカーのウルス

https://response.jp/article/2018/12/19/317338.html

以前、ウルスについて書いた記事がありましたので

軽く引用しますと…?

 

見た目だけで言えば、

スポーツ走行には特化していない風に見えますが…実は?

 

最高出力が650psとんでもない化け物なんです。

 

排気量は4000ccのエンジンがV8ツインターボ

ミッションは8速ATを搭載し、駆動形式はトルセン式フルタイム4WD。

ストップ状態からフル加速をすれば100km/h到達まで3.6秒の鬼加速力

そして極めつけとして最高速度が305km/hにも到達します

 

どうです?

ただの化け物でしょう?笑

 

ウルスはちょっと車高が高いだけの

スーパーカーなんですね

 

しばゆー氏ランボルギーニ”ウルス”購入??ウルスとはどんな車なの?より

 

そう、見た目はただのSUVなんですが

立派なスーパーカー。

 

そんなスーパーカーを買っちゃう。

そして自分で運転しちゃう門りょう氏は

カッコ良いし可愛いですね

 

ランボルギーニウルスの価格は?

https://cobby.jp/lamborghini-urus.html

ウルスの価格も以前書いた記事に

載せていましたので引用させてもらいますね。

 

そして気になる価格ですが…

新車価格で3000万円~ となっています。

 

何故 ~が付いているかと言いますと、

クルマを購入した方なら分かると思いますが

各オプションによって価格が跳ね上がるんですよね。

 

一般の大衆車であれば、

シートやホイールを変えたりで、20~40万円ほどで済む話が

ケタが上がります。

 

200万円、300万円。と価格が上乗せされていくのが

容易に想像できますね。

購入する層的にもあまり価格は気にしないでしょうし、

なかなか一般市民が手を出せるクルマではありません…

 

3000~4000万円する

超高級車でも軽々買っちゃうんですね…。

カッコ良すぎでは?

 

まとめ

門りょう氏の魅力はなんと言っても

飾らない喋りと態度だと思います。

 

キャバ嬢時代に実際にお客さんとして

行ったことはないので憶測ですが

そういった身近な愛嬌が好かれていたのでは?

思いました。

 

そして愛車の

ランボルギーニウルスがカッコ良いですね。

黄色とかなり目立つ色ですので

大阪の街中を黄色のウルスが走っていたら

それは門りょう氏かもしれません。笑

 

以上、読んでいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

-CAR-車, YouTube, クルマ紹介・解説

Copyright© Everyday Silvia , 2020 All Rights Reserved.