スポンサーリンク




CAR-車 シルビア

ウォッシャー液は水道水でも大丈夫なの??シルビアS15整備録

投稿日:

ウォッシャー液って水道水入れても大丈夫じゃない?

変わらないでしょ! と思う方も多いかもしれませんが

やめておいた方が良い

 

 

今回はウォッシャー液タンクに水道水を入れるデメリット

おすすめのウォッシャー液を紹介していきます。

 

ワイパー

 

水道水を入れるデメリット

タンク内でカビてしまう

まず、私はウォッシャー液をあまり使いません。

 

晴れの日などに使ってしまうと

ボンネットやフロントガラスに水アカが残ってしまうのが嫌なんですよね

(シルビアは噴出口がこのような場所にあるので水アカになりやすい…)

ウォッシャー染み

そして長期間使用せずにいるとどうなるか。

タンク内や細いホース内でカビが発生してしまいます。

 

専用のウォッシャー液であれば

防腐剤も入っていますので基本的には心配いりません。

(私の場合1年間放置しても問題なく使用可能)

 

しかし水道水ですと、

水道水に含まれる塩素カビの原因となり

長期間放置しているとカビてしまいます。

 

そうするとタンク内やホース内で目詰まりを起こす他

悪臭の原因にもなってしまいます。

 

冬季はタンク内で凍ってしまう

雪

これは限定的な話ですが、

氷点下になると水は凍ってしまいます。

 

水道水を入れていた場合、タンク内で凍ってしまい

有事の際に水が出ないことになりかねません。

 

どうしても水を出さないと

ホコリや汚れで前が見づらい!!って場面ですね。

 

前がよく見えない状態の運転は大変危険なので

凍る心配のある水道水は使用しない方が良いでしょう

 

専用のウォッシャー液が推奨されている理由が分かります。

 

ただ、常日頃から氷点下の中で生活している方には

周知の事実ですので、本当に気をつけなければならないのは雪が降らない地域の方です。

 

うっかり水道水を入れていて凍ってしまったなんて

ならないようにしましょう。

 

専用のウォッシャー液を使おう

カビや凍る心配がない

専用のウォッシャー液を使用すれば

上記のような症状がでることはまずありません。

 

そもそもそんなに高価な商品でもないので

定期的に交換することをおすすめします

 

価格が安い商品として下記の商品がおすすめです。

以前使用したことがあるのですがクセがなく使いやすい商品でした。

 

撥水コーティング入りもある

撥水で有名な「ガラコ」も

ウォッシャー液を発売しています。

 

ウィンドウを撥水コーティングしてくれる為、

雨が降っていてもだらだらと雨水が流れず、

すっきりと水が流れてくれます

 

ちなみに現在はこの商品を使用しています。

(少し水道水を足して希釈すると良いですよ)

希釈して水アカが残らないように注意

先ほど希釈すると良いと記述しましたが、

それは何故か。

 

ウォッシャー液だけだと洗剤成分が強すぎる為、

これまた水アカのような染みが出来てしまいがちです。

 

そうならない為にも水で薄めて使用しましょう。

(商品によっては丁寧に〇倍希釈と記載されている場合もある)

まとめ

ウォッシャー液はそんなに頻繁に交換するモノでも無い為、

ついつい水道水でも良いか。

 

となりがちですが、

水道水では駄目な理由が分かってもらえたでしょうか?

 

大事な愛車をカビまみれにするワケにもいきませんし、

有事の際にフロントガラスを掃除できないのも危険ですね。

 

そうならない為にも

推奨されているウォッシャー液をきちんと使用しましょう。

 

 

スポンサーリンク

-CAR-車, シルビア

Copyright© Everyday Silvia , 2019 All Rights Reserved.