スポンサーリンク




CAR-車 クルマ紹介・解説 シルビア

【スペックRが高騰】シルビアS15が新車価格で売りに出される!?

私が2018年当時にシルビアS15を購入した時

スペックRは高くても150万円位でした。

 

ちなみに私のシルビアはスペックSですが

120万円で購入しています。(かなり状態良い個体)

 

しかし今では平気で200万円超えを見かけますね。

 

何故値上がりしているのか?

これからシルビアを買う人も売る人も

参考にしてもらえればと思います。

スペックR 高騰 サムネ

 

 

現在のシルビアS15の相場について

スペックRは過走行でも約250万円

千里浜 シルビア

シルビアS15というクルマは

1999年から売り出され最終モデルは2002年で

生産終了しています。

 

最終モデルでも約20年前のクルマなんですね。

 

古いクルマの為、走行距離が多い個体が

多く見られます。

 

10万キロ超えなんてまだ序の口。

15万キロ以上も売りに出されています。

 

しかし値段を見てみると

あまり走行距離は関係無さそうな印象ですよね。

 

私もシルビアS15に乗っているので分かるのですが

アフターパーツがたくさんあるからこそ

かなりリフレッシュできるのがS15の良い所だと思います。

 

足回りから吸排気、エアロパーツまで

新品で揃う旧車は珍しく、皆から愛されているのも感じ取れます。

 

実際にスピードメーターが壊れたのですが

NISMOから新品のフルスケールメーターが出ている為

新品でリフレッシュする事が出来ています

シルビアS15の純正メーターが壊れた?NISMOメーターに交換してみました

ある日ドライブに向かう為、エンジンを始動させ動き出すと あれ?何かおかしい…。スピードメーターが動いていない!!笑 なんなら針が20km/h付近をビクビク動いている。   という訳で今回は「 ...

 

修復歴は関係なし?

先ほど述べたように

新品で手に入るアフターパーツが多い為

多少の修復歴など気にしないユーザーが多いのも事実です。

 

そのため、多少の修復歴で大幅に安くなる。

ということはありません。

 

そもそも

カスタム前提のクルマでもある為、

エアロパーツの取り付けで加工し、修復歴有りになる

パターンもあります。

 

購入の際は修復歴がどのような

施工をしてあるのか確認を取るようにしましょう。

 

シルビアS15当時の新車価格が約250万円

中古車価格が新車価格に迫る

シルビアS15スペックRに関しては

新車価格が約250万円でした。

 

現在の中古車市場を見ていると

だいたい200万円~300万円を推移しているのが分かります。

 

走行距離5万キロ以下、フルノーマル、修復歴無しとなると

300万円の値が付いていてびっくりしました。

 

もはや新車価格を大幅に超えています…。

 

現在持っていてガレージ保管等している方は

売却すると思わぬ大金が舞い込みますね。

 

当時はあまり売れていなかった

前シリーズのS14が不人気だったこともあり

S15はあまり売り上げを伸ばすことができませんでした。

 

販売台数は約4万台。

後から評価されることになるのですが

それは生産終了してからのお話。

 

元々の個体数が少ない為、

流通量も少なくなり値上がりの要因ともなっています。

日本車のアメリカ輸出規制問題

シルビアS15初期モデルはあと4年で解禁される

アメリカは中古車の輸入に対して、

安全基準や排ガス規制等、厳しいルールがあります。

 

しかし

生産されてから25年以上経過したものは「旧車」として

その基準から外れる事ができるそうです。

 

つまり

初期モデルの1999年製のシルビアS15であれば

2024年には輸出が解禁されるわけですね。

 

そうなると北米や中南米の愛好家たちが

こぞって買い付けを行うでしょう。

 

まだまだ値上がりを見せる可能性を持っています。

32GTRは輸出解禁で大高騰

32GTR

https://www.webcartop.jp/2018/08/262138/

北米仕様が出されていなかったR32に関しては

海外への流失が進み、日本車なのに国内で大高騰を見せています。

 

S15に関しても同様

日本国内から消えていく可能性がありますので

今のうちに手に入れておくのも手かもしれませんね。

 

まとめ

シルビアS15の良さは

低価格で、軽量スポーツを楽しむことが出来る点にあります。

 

不完全な装備を豊富なアフターパーツで足していく

カスタムの楽しさもあります。

 

更に現在では珍しいコンパクトFRの動き。

どれを取ってもユーザビリティ溢れるクルマです。

 

今後も高騰が考えられるクルマですので

状態が良い個体が見つかった時は

迷わず購入することをお勧めします。

 

乗って楽しい。

所有して楽しい素晴らしいクルマです。

 

 

 

スポンサーリンク

-CAR-車, クルマ紹介・解説, シルビア

Copyright© Everyday Silvia , 2020 All Rights Reserved.