スポンサーリンク




CAR-車 シルビア 整備・カスタム

シルビアS15のフォグランプ交換方法、詳しく解説します。

車検前にフォグランプが切れていたので

今回は自分で交換してみました。

 

最初はジャッキアップして

下から交換しようと思っていたのですが

調べると地上のまま交換できることが判明

 

簡単でジャッキアップも不要なので

お手軽交換ができました。

 

今回はシルビアS15の

フォグランプの交換方法と注意点

紹介していきます。

 

シルビアS15 フォグランプ交換方法

 

シルビアS15 フォグランプ交換方法

H3式フォグランプを用意

まずフォグランプの電球を用意するのですが

シルビアS15は「H3」の電球が適合します。

 

昔のクルマは黄色フォグのイメージが強いので

黄色のフォグランプを購入しました。

2400ケルビンで暖かみのある色ですね。

シルビアS15 フォグ規格

 

LEDタイプや爆光タイプなど種類も様々ありますが

対向車から見た時にめちゃくちゃ眩しいのでやめときました。

さとう
アレ眩し過ぎんよ…
夜でもサングラスするか?
しるびあ

 

シルビアS15のフォグで迷ったら

このIPFのフォグランプで良いと思います。

 

フォグランプ交換

樹脂カバーを外す

シルビアS15 フォグ 樹脂カバー

まずフォグランプ横に被さっている

樹脂カバーを外します。

 

ピンのようなモノで留まっていますが

素手でも外れます。というか私のは折れてました。笑

(折れてても特に問題なさそそうです)

 

10mmボルトを外す

シルビア フォグランプ ボルト

 

樹脂カバー外した状態です。

10mmのボルトで固定されていますので

レンチなどで取ってしまいましょう。

 

電球部分を取り外す

シルビア フォグ 取り外し

 

ボルトの固定を外すとバンパーとの固定が取れます。

更に電球部分とランプを切り離す為

下記写真のロックを回して取り外します

フォグ 電球部分 切り離し

 

+ドライバーで蓋を外す

フォグ 電球裏

ここで+ドライバーが必要になります。

2か所で固定されていますので外してしまいましょう

(写真は片方外してから撮影してしまいました。スイマセン)

 

針金で固定されている部分を外す

フォグ 電球裏 固定具

これで最後の固定具になります。

針金で上手いこと固定されていますので

外していきましょう。

素手で外せます

 

電球交換、逆の順番に戻していく

針金の固定具まで外せば

電球の交換が可能になります。

 

交換を終え

これまで外してきた固定具たちを

逆の順番でもどしていきましょう。

 

これにて

フォグランプの交換作業は終わりです。

 

シルビア 新しいフォグランプ

 

車検でのフォグランプの注意点

フォグランプの色は白色か黄色

ここまで交換方法を説明してきましたが

一応補足しておくと

フォグランプの色は白色か黄色でないと

車検に通りません。

 

今回は黄色の電球を用意し交換していますので

問題ありませんね。

 

フォグランプの明るさは7000K以下(目安)

7000ケルビンを超えると

ライトの色が青白くなっていきます。

 

こうなると青色と見られ

車検に通らない可能性がでてきます。

 

フォグランプを選ぶ際は

ケルビン数にも注目して選ぶことが大事です。

 

まとめ

シルビアS15のフォグランプ交換方法について

まとめてみました。

 

ネットで交換方法を探すと

ジャッキアップして交換していたりと

結構大変そうに書かれています

全然そんなことはありません。

 

社外フォグランプやエアロとの干渉となれば

有り得るかもしれませんが…笑

 

純正フォグランプであれば

今回紹介した方法で簡単に交換することが出来ます。

 

年式が古いクルマですので

フォグランプが切れた!となった際は

今回の交換方法を試してもらえればと思います。

 

 

スポンサーリンク

-CAR-車, シルビア, 整備・カスタム

Copyright© Everyday Silvia , 2020 All Rights Reserved.