スポンサーリンク




CAR-車 YouTube クルマ紹介・解説 トレンド

てつや氏がBMWi8を2300万円で購入!!【i8ロードスターはどんな車?】

先日チャンネル登録者400万人を突破し

日本でも指折りの人気を誇るyoutuber”東海オンエア”

(2020年4月現在 チャンネル登録者522万)

 

その”東海オンエア”のリーダーであるてつやさんが

BMW i8ロードスターを購入したと動画で報告しました。

 

そこでこの超高級車について色々と調べてみましたので

紹介していきます。


てつや、とんでもないものを買うらしい

 

てつや i8 サムネ

https://wired.jp/2018/09/09/bmw-i8-roadster-review/

 

 

BMW i8 ロードスターとは?

i8はスポーツカーでありハイブリッドカーである

 

i8 充電

https://yaplog.jp/ar125/archive/3909

 

 

BMW i8 ロードスターという車は

スポーツカーに革命を起こすと言われているクルマです。

 

今まではガソリンを大量に燃やしパワーを得る

大排気量のモンスターマシンが開発されていました。

 

簡単に言えばスポーツカーは

環境に悪いクルマという認識でした。

 

しかしこのi8は

フィットやヴィッツなどのコンパクトクラスと

同程度の排気量となっています。

 

更にはハイブリッドシステムを採用することで

燃費性能の大幅な向上を可能としています。

 

今までの環境に悪いスポーツカーと違って

環境に優しいスポーツカーと言えますね。

 

ガソリンと電気によるダイナミックな走り

i8 後ろ姿

https://www.webcartop.jp/2018/04/227299

 

 

新世代ハイブリッド・スポーツカーとして

フロントには軽量でトルクフルな電気モーターを搭載。

 

リアには高性能な

直列3気筒BMWツインパワー・ターボ・エンジンを搭載しています。

 

日本ではプリウスが1番有名なハイブリッドカーですが

スポーツカーでハイブリッドというのは

今後の将来を見越しての研究開発だと言えますね。

 

今までには無かった試みです。

 

BMWi8の最高出力は意外と控えめ…?

この上なくパワフルな

2つの駆動システムが組み合わされてはいますが

最高出力374 psと最大トルク570 Nmと意外と控えめ

 

約2300万円という価格帯だと

ランボルギーニポルシェの所謂スーパーカー達と

比較して、控えめなパワーだと思いがちですが…。

 

ただ、コンセプトとして

環境に優しい、サスティナブル(持続可能)なクルマとしては

充分過ぎるパワーだと思います。

 

BMW i8の内装・外装は?


BMW i8 Roadsterを徹底解説!!!(彼女目線ドライブあり)

 

先日てつやさんの個人チャンネル

”動画アップロードチャンネル”にて

徹底解説の動画が公開されました。

 

こちらの動画では性能や内装・外装について

詳しく解説されています。

バタフライドア

i8 バタフライドア

https://www.advantagebmwclearlake.com/new-vehicles/

 

ぱっと見、ガルウイング?と見えますが

ちょっと違います。

 

ガルウイングの場合ドアが縦に滑り、ドアが開きます。

 

対してバタフライドアの場合

ドアの回転方向が横に開くようになっています。

(語彙力の無さ)

 

上記の画像を見てもらえれば分かるかと思うのですが

駐車場で隣にクルマが止まっていると当たってしまいそうですね。

 

 

約15秒で開閉されるトップオープン

 

BMWi8はオープンカーとしても走行できます。

全自動で屋根の開閉が行われるのですが

なんと約15秒の高速開閉が可能となっています。

 

これは他の車種を見ても早い方ですね。

私が知る限りでは45秒くらいかかるクルマが多い気がしていたので

びっくりしました。

 

更に低速走行時であれば動きながら

屋根の開閉が可能となっており

急な雨にもすぐ対応できるようになっています。

 

 

空気抵抗が計算された流線的なデザイン

BMWi8には随所に流線的なデザインが施されています。

 

てつや氏もi8紹介動画内で

この流れるようなデザインにはうっとりしていましたね。

 

昔のクルマは角ばっていたのに対し

最近のクルマはこのi8のような流れるデザインがほとんどです

 

それには空気抵抗が深く関係しており

走行時の空気の流れを計算し無駄な力を使わずに済む

デザインを各社開発されています。

 

i8も例に漏れず開発の賜物であり

空気の力を利用して無駄のない走りを可能としています。

 

まとめ

以上、BMW i8 ロードスターについて調べてみました。

中古車市場でも2000万円するような

超が付く高級車です。

 

一般のサラリーマンが買えるような車ではありませんが

それを購入してしまうyoutuberが存在していることに

素直に羨ましい思いでいっぱいです。

 

なんにせよ、東海オンエアもBMWも好きな私は

てつや氏の今後のi8動画を楽しみに待っています。

 

追記:今度はレクサスLXを購入した模様

てつや氏、また新しくクルマを納車した模様。

 

動画内で公開することは無いと言っていましたが

もう購入は済んでいるとサブチャンネルで報告していましたね。

 

詳しくは下記の記事にまとめてあります。

てつや氏が”また”高級SUVレクサス-LXを購入!!一体どんな車??【東海オンエア】

先日の「東海オンエアの控え室」にて、 てつや氏がレクサスLXを購入したことが明かされました。 前回のBMW i8とは方向性が違い、実用的なSUV車です。     今回はそんな「レク ...

 

東海オンエアファン必見

毎回魅力的な概要欄を虫眼鏡氏がまとめたファンブック発売中

読んでみての感想は期待してなかった分、意外と面白い。

というか東海オンエア好きはぜひ見るべき!

(時々、概要欄サボってるけどね…)

 

スポンサーリンク

-CAR-車, YouTube, クルマ紹介・解説, トレンド

Copyright© Everyday Silvia , 2020 All Rights Reserved.